株式会社 金祥堂紙販売 は【 紙 】の総合商社です

TEL. 03-3263-2011

〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町2-4-5

会社概要COMPANY

会社商号
株式会社金祥堂紙販売
代表者名
代表取締役社長 小仁所康之
本社 所在地
〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町2-4-5  →アクセス
TEL. 03-3263-2011  FAX. 03-3264-3296
戸田支店 所在地
〒335-0031 埼玉県戸田市大字美女木1191-1 3F 戸田流通内
TEL. 048-421-6002  FAX. 048-421-6003
創 業
1922年(大正11年)
設 立
2010年11月(平成22年)
資本金
3,000万円
決算期
9月末
営業種目
1.洋紙・板紙・和紙、紙製品
2.ビジネスペーパー
3.断裁加工
従業員数
37名(2016年3月現在)
役 員
取締役 北原三造
取締役 松尾辰也
取締役 西村全史
監査役 井上久
取引銀行
三井住友銀行   神保町支店
商工組合中央金庫 神田支店
三菱東京UFJ銀行  板橋支店
みずほ銀行    池袋支店

設備概要

車 両
乗用車 6台、乗用貨物車 10台、貨物車 10台、フォークリフト 10台、他 戸田流通
機 械
断裁機(1150mm幅機)2台、スタッカー 1台、他 戸田流通
建物外観

関連会社・戸田流通株式会社

会社商号
戸田流通株式会社
代表者名
代表取締役社長 小仁所康之
所在地
〒335-0031 埼玉県戸田市大字美女木1191-1
TEL. 048-421-6001  FAX. 048-421-7033
設 立
1974年11月(昭和49年)
資本金
5,000万円(資本準備金2億5,000万円)
決算期
9月末
事業内容
1.倉庫業
2.貨物自動車による運搬および梱包業ほか
建 物
鉄筋コンクリート地上5F(2500u)
設 備
キトーモノリフトプラント(立体倉庫 744棚)1基
各階搬出用コンベヤー付エレベーター(1.5トン)1基
貨物用エレベーター(3トン)1基
断裁機(1350mm幅機)3台、スタッカー2台
車 輛
大型トラック 3台、中型トラック 2台
フォークリフト 7台、ロールクランプリフト 1台
保管能力
4000トン
建物外観
  
                            立体倉庫(744棚)

会社沿革

2010年11月
株式会社 金文堂洋紙店株式会社 文祥堂洋紙店 によって設立
代表取締役社長に 小仁所康之、代表取締役会長に 窪川篤典 就任
文祥堂洋紙店の小豆沢事務所を本社、金文堂洋紙店を神田支店として営業を開始
2011年6月
株式会社 イオキ洋紙店 の事業を継承
2012年7月
代表取締役会長 窪川篤典 退任
2013年5月
本社を 東京都千代田区三崎町2-4-5 に移転
2013年6月
埼玉県戸田市美女木1191-1 に戸田支店を設立、小豆沢の事務所を閉鎖
2014年4月
有限会社 太洋紙業社 の事業を継承
2015年11月
ダイコー紙商事 株式会社 の事業を継承

参考:金文堂洋紙店・文祥堂洋紙店の沿革

金文堂洋紙店
昭和  2年 元十條製紙会長 金子佐一郎の父、金子督太郎を発起人として創設
      第二次世界大戦による企業整備令にて統合し一時休業
昭和24年 商権復活
昭和26年 再度、小仁所貞夫の復員と同時に発足させる
昭和42年 資本金を 1,000万円 に増資
昭和49年 物流拠点「戸田流通」を設立
昭和60年 代表取締役社長に 小仁所將夫 就任
平成11年 資本金を 3,000万円 に増資
平成17年 代表取締役社長に 小仁所康之 就任
文祥堂洋紙店
大正11年 窪川仙蔵、和洋紙の販売を目的に窪川紙店を個人創業
昭和24年 株式会社に改組、資本金 50万円、代表取締役に 窪川仙蔵 就任
昭和45年 代表取締役社長に 窪川典水、代表取締役会長に 窪川仙蔵 就任
昭和49年 資本金を 1,501万5千円 に増資
昭和52年 東京都板橋区小豆沢4丁目に移転
昭和56年 資本金を 2,500万 に増資
平成12年 代表取締役社長に 窪川篤典、代表取締役会長に 窪川典水 就任